ミュゼ 脱毛 評判

ミュゼの安さの秘密

脱毛サロンは、以前に比べると安くなったとはいえ高いというイメージは今も昔も変わりません。

ところが、ミュゼのワキ脱毛に至っては激安なんです!

ミュゼの広告

ミュゼの広告を見た人は、少なからず1回は・・・
『なんでこんなに安いのだろう?』と思ったのではないでしょうか?

当然、疑問が湧いてくるのも無理はありません。
回数無制限の通い放題なのに、キャンペーン適用で1000円以下なのですから・・・・。

では、なぜミュゼはこんなにも安いのでしょうか?理由をまとめてみました!
数で稼ぐ
これはミュゼの脱毛方法に理由があります。
ミュゼの脱毛方式はフラッシュ脱毛で、施術範囲が広いので時間が短くて済みます。
つまり、1台の機械、1人のスタッフで沢山の人を施術出来るということです。

極端な話ですが施術時間が半分なら、その分金額が半分でも成り立つのです。
キャンペーンで集客
『安いプランで人を集め、高いコースを契約してもらう』と言うのはどのサロンでも同じですが
そのなかでも、ミュゼは脇に関してはダントツに安いです。

利用する方全身が安い脇だけのコースだったらミュゼは当然困ることでしょう!
でも、現状ミュゼに通う人の中で、脇コースのみしかやっていない人は全体の3割程度です。
つまり、7割の人は脇以外のコースを組んでいるのです。

脇以外の箇所に関しては、他のサロンに比べると特別に安いわけではありませんが
だからこそ、脇はこの安い金額で設定できるのです!!
クチコミは最大の広告
ミュゼは比較的広告をたくさん出していますが、当然、広告には費用が掛かります。
しかし一方で、ミュゼは広告費の掛からない効果抜群の広告も使っています。

それは『クチコミ』です。

ミュゼは女性専用の脱毛サロンです。
その女性はおしゃべりが好きで、人の話から情報収集をする傾向があります。
つまり、『人がいいと言っていたから行ってみよう!』と思うのです。

また、ミュゼは友達紹介特典もあり、なんとミュゼの全会員の約4割は紹介で入った人なのです。
百聞は一見にしかずといいますが、実際に体験してもらうのが一番の広告なのです。

一般的にいえば、『安いから悪いのでは?』と思うかもしれませんが、ミュゼには安い理由がきちんとあります。決して、化粧品をケチって・・・とか、施術の手を抜いているから・・・という訳ではありませんので、安心してください。

湘南美容外科 脱毛

ミュゼは勧誘されないって本当?

脱毛に興味があり、サロンや医療機関に行ってみようと思う人には、ほぼ共通の不安があります。
それは、『値段』、『痛み』、『勧誘』です。

ミュゼの広告

特にキャンペーンなどの安いプラン目当てで行くと
高額なプランを契約するまで帰らせてもらえないのでは・・・
なんて思っている人は多いのではないでしょうか。

脱毛サロンに限らず、少なからずこの様なサロンやエステがあるのは事実です。
ですが、ミュゼは違います。

それだけ、自分たちの脱毛に自信があるのです。
こちらから勧誘しなくても、来てもらえる・・・と!
さらに、勧誘がないという事実が広がれば、勧誘に不安を抱いている人達も来てくれます。

つまり、ミュゼからすれば『勧誘しない』のではなく、『勧誘する必要がない』のです。

ただ、勧誘はされませんが、その人にあったプランは教えてもらえます。
当然、金額的に1回の施術代が安くなるプランを進められることはあります。
これは、「1個100円のりんごを買おうとしたら、5個で400円のセットの方がお得だよ」と教えてもらっているのと同じです。

これも、勧誘だ!と言えばそう言え無くもありませんが、りんごの例で言えば、だから5個買いなさいと言われているわけではありません。
何個もプランを出してもらった結果、やっぱり安い脇だけでいいです。と言っても、『はい。了解いたしました』と言われるだけ!

これは、脱毛コースのみでなく美容品に関しても勧誘されません。
つまり、勧誘が嫌いな人にとってはミュゼは嬉しい脱毛サロンなのです。

フラッシュ脱毛の効果を上げるコツ

ミュゼで行われているのは、光脱毛の一種であるフラッシュ脱毛です。
ところが、ミュゼに通って同じ場所を脱毛しているのに、効果のよく出ている人と効果の少ない人がいます。

もちろん、脱毛効果に関わらず値段は同じです。
ただ、効果が少なければ、それだけ多くの回数通わないと行けなくなりますよね。
逆に効果が高ければ、少ない回数で済みます。

実は、この効果ですが自分の努力で上げることが出来るんです。

肌の保湿を十分に

脱毛と関係ないと思われがちですが、肌の保湿はフラッシュ脱毛にとって一番大切な事なのです。

フラッシュ脱毛は簡単に言うと『毛を通して毛包に熱を与えるて死滅させる』のですが
この時、肌が潤っていると、熱が伝わりやすいのです。
熱が十分に伝わらなければ、完全に死滅できず、その毛穴からはまた立派に生えてきてしまいます。

また、保湿によって皮膚自体も熱によるダメージを受けづらくなり、レベルを上げてより強い施術をして貰う事が出来ます。このレベルは数段階あり、どの強さでも1回分の施術金額は同です。

それだと、強いレベルで施術してもらえた方が効果が高くて良いですよね!ただし、ミュゼは施術当日に付けていいのは、ミュゼオリジナルのクリームだけです。だから、その日だけでなく日々のお手入れが大切になってきます。

美白を目指す

ミュゼもそうですが、一般的に脱毛を行うときにはどこでも『日焼け禁止』を言われます。
それは、効果が下がるだけではなく、危険を伴うからです。

なぜかというと、フラッシュ脱毛は黒い物を狙って熱が伝わります。
なので、白い肌に黒い毛が生えている人程、効果が高いのです。

脱毛したいのに毛を黒くするのは本末転倒ですので、するべき事は肌を白くすることです。

肌が黒いと、その肌を『黒いもの』と認識してしまい、熱が肌を攻撃します。
こうなると、肌は火傷状態になる危険もあり、施術レベルを下げざるをえません!

更に日焼け肌は乾燥しやすい状態ですので、危険である上、脱毛効果も下げてしまうのです。

毛の周期を崩さない

無料カウンセリングで、毛の周期について教えてもらいます。
この周期を守れれば、ちょうどよく施術出来るので効果が出ます。
逆に、周期が乱れると、効果は出ません。

では、周期が壊れる原因はなんでしょうか?
それは、毛を抜くことと、過度なストレスを与えることです。
毛を抜くのは、無料カウンセリングでもダメだと思えてもらいます。

一方、こちらは言われませんが
過度なストレスはホルモンバランスを崩し、毛の周期を変えてしまうのです。

以上、誰でも意識すれば、そんなに難しい事ではありませんよね。
効果が上がれば、それだけ早く脱毛が終わります。

今からでも遅くはありません、できるところから始めて脱毛効果を上げましょう!

脱毛を断られる理由

ミュゼは基本『健康な状態』でないと施術をしてくれません。
施術当日には毎回、確認事項が有り、それに当てはまらないと施術してもらえないのです。

脱毛断る


この項目は、「自己処理してきましたか?」「結婚式は控えていませんか?」「薬は飲んでいませんか?」等で、それは全て安全の為であり、お客様の為であります。

勿論これらについてはカウンセリングでもきちんと説明されるので、契約をするのはそれを納得してからになります。ですので、この条件に当てはまらない場合は、『今日はできないからまた後日』という結果になります。

それとは違い、無料カウンセリングに行っても契約をしてもらえない場合があります。
では契約を断られるのはどのような場合でしょうか?

肌の状態

ケロイド体質や光過敏症などの方は契約できません。これはミュゼのホームページにも書いてあります。ただし、医師の許可がある場合など可能なこともあるので、無料カウンセリング時に聞いてみてください。
また、極度に肌が弱い、極度の乾燥肌なども注意が必要です。

服薬

市販薬でも処方薬でも薬を飲んではいけません。原則として健康状態でない場合は施術してもらえないので、「薬を飲んでいる=健康ではない」という理由です。
ところが、処方薬の中には健康だけど予防するのが目的の薬もありますよね。このような薬を日常的に服用している場合も、基本的には契約できません。しかし、処方薬の場合は医師の許可を取れば施術も可能になる事があります。その薬が光線過敏症になる可能性がないか、光脱毛をしても平気かなどの確認が必要になります。

許可があってもダメな薬

薬の中で、医師の許可を取ったとしても施術できない物があります。
それはステロイドです。

ステロイドというと、軟膏を想像する人も多いかと思いますが、喘息などの吸引器にも入っています。
このステロイド、かなり厳しく体内に入った場合、どんな微量でも1ヶ月間は施術ができません。

つまり、喘息で吸入している場合、喘息が治るまではほぼ不可能ということになります。
このステロイドに対しては、基本的にフラッシュ脱毛である以上、どこのサロンでも危険性は同じです。
しかし、受け入れてくれるサロンもあります。きちんと断るミュゼと、よく分からず可能なサロン。
どちらがより安全面に優れてるかは一目瞭然ですよね。

まとめ

以上、簡単ですが例をいくつか例を挙げてみました。『これを隠せば契約できる』と教えているわけではありません。初めから、心の準備をしてカウンセリングして欲しいのです。

どんなことでもそうですが、契約できなくなるから・・・とカウンセリングで嘘を言うのはやめましょう。
何かあった場合取り返しのつかないことになる恐れもあります。

エピレを予約へ


このページの先頭へ戻る